塾講師は大変な仕事!言うこと聞かない!でもやるしかない!前向きに!

塾講師は大変な仕事!言うこと聞かない!でもやるしかない!前向きに!

【性別】男性
【年齢】(仕事が大変だった当時)
20歳

【当時の職業】
バイト

【当時の住まい】
実家の賃貸マンションで親と同居

【その仕事はまだ続けてる?もう辞めた?】
転職して、同じ業種の別の職場で働いている





【就職のきっかけと経緯】
中学生から高校生までの期間に自分自身が通っていた塾で小遣い稼ぎとして働き始めました。
お世話になった先生と一緒に働きたいという気持ちもありました。

【環境と仕事内容】
英語・国語・数学を中学1年生から3年生へ1授業5〜人に対して先生として仕事を行いました。
職員は全部で6人のほどの個人塾で生徒は地元の中学校へ通い、最低限の成績をとることを望む親が多数と思われる塾でした。
勤務時間は平日の19時〜21時までで、夏休み期間は昼10時〜21時の間で6時間弱働いていました。
時給2000円でしたが、事前の予習含めると実質時給1000円程度だったと思います。

【大変だった時期】
大学生として塾の先生のバイトを3年間継続。
1年目から大変だった




【大変だったこと】
生徒にやる気がなく、遊びに来ているという感覚の子供は多数いました。
注意しても変化はなくまじめにやっている子供がやるきをなくしてしまうことが見受けられることもありました。
ベテランの社員の先生がうまくかじ取りを行い生徒のやる気をひきだしていたとおもいます。
先生の立場としては、教科の予習時間含めると労働時間が長く、また、交通費が支給されず割とブラックな労働環境にあったと感じます。
授業と授業の合間に空白の時間が多くあくこともあり待機時間が長く効率的な時間配分で労働できる環境ではなかったとおもわれます。
夏季休暇などは休みがなく先生も不足している状態でみんなで一緒に授業を回すという状況になっていたと思います。

【大変だった期間】
大学1年生から3年生までの3年間




【当時の心境】
自分が子供のころに面倒みていただいていた先生からのアドバイスを受けて、自分も生徒に同じように接する中で生徒の勉強に対する取り組み態度もよくなるということが楽しかったと思います。
また、成績があがるというのが最も結果としてでるので一緒に喜んで励みになりました。

【職場が大変だった原因】
生徒ひとりひとりに対して接し方をかえていく必要がある仕事の為、塾の先生という仕事自体が大変な原因であると考えます。




【仕事で良かったこと】
生徒から成績があがったことでうれしかったと喜んでいる姿を見たときにやりがいがある仕事だと感じました。
また、親との面談で聞いた生徒の意外な側面(心の変化)を聞いたときにやっててよかったと思うことができたと思います。




【特にひどかった最悪の出来事】
生徒が授業中に遊んでいて、ほかの生徒にまでちょっかいをかけているので注意したところ、後日生徒の親から塾へ先生をかえてほしいとのクレームが入った、また、生徒の成績が悪くなっていて先生の質に問題があるという内容にまで発展して大きな問題となった。
それ以降、対象の生徒を注意することができずほかの生徒にまで影響がでるようになりそうだったため非常に扱いに苦労しました。
最終的には生徒と親と話し合いを重ねてお互いにどこへ目指すかの方向性を話あうことで解決を図っていきました。
特に中学校1年生から2年生になるタイミングでまだやり直しがしやすいという時期でしたので前向きに話合いができる状態だったのだと思います。
以降は生徒としっかり話をすることで解決策を見出していきました。




【相談した人・助けてくれた人】
ベテランの社員講師から生徒へ伝わるかどうかではなく、何をどう伝えようかを考えることに専念すればいいよと言われたこと。
変わるか変わらないかは相手次第であって強制はできない。
自分が伝えようとおもってたことが伝わるかどうかは結局自分ではどうしようもできないということ。

【改善のための行動】
とにかくいろいろな先生に自分だったらどのような対応をするのか聞いてアドバイスを求めました。
特に同じ生徒を担当したことがある先生にはどのように対応しているか意見を求めたり実際の授業を見たりして参考にしました。




【現在の状況と心境の変化】
15年以上経っています。
大学卒業と同時に食品のメーカーへ就職して営業として働いています。
いまの職場は非常に大変ですがやりがいもあります。
結局一生懸命はたらいていればどの職場でも大変で充実していると思えると感じています。
私生活もとても満足していて心もからだも充実しています。
あのころも今も大変でかつ楽しく生活しています。

【学んだこと】
人に相談することの大切さです。
また、一生懸命に仕事に取り組む姿勢を持つことの重要性です。
あきらめずに何度も挑戦することです。



【当時の自分へのアドバイス】
生徒を個人に絞って叱ったり注意してはいけない!全体に対して叱ったり注意してクラス全体の雰囲気を変えていくことが個人個人の考えを変化させていくのだと考えます。
一回で通じることはないので何回も丁寧に丁寧に説明していくことが重要です。
人間対人間の内容なので特に熱をもって接することで相手に伝わることがあると思います。