【塾講師】大学生時代アルバイトで講師をした。塾長(社員)の交代で校舎のシステムが崩れ、業務に支障をきたいた話

【塾講師】大学生時代アルバイトで講師をした。塾長(社員)の交代で校舎のシステムが崩れ、業務に支障をきたいた話

【性別】女性
【年齢】(仕事が大変だった当時)
21歳

【当時の職業】
バイト

【当時の住まい】
大学生だったので家族と生活

【その仕事はまだ続けてる?もう辞めた?】
転職して、同じ業種の別の職場で働いている





【就職のきっかけと経緯】
私はコミュニケーション能力に自信がなかったので、高めるために塾講師をしようと考えました。
塾であれば嫌でも話さなければならないため。

【環境と仕事内容】
仕事内容は講師で大手塾。
教えていたのは数学、英語、国語。
講師はほぼアルバイトで自分もアルバイト。
ご家庭とは良好な関係であった。
生徒も大手塾であるブランディングを信じてかよっていたように思える。
やる気のある生徒が多かった。
シフトも融通はきく。
勤務時間は準備時間と授業だけでいいので授業後はすぐ帰宅で来た。

【大変だった時期】
2年アルバイト講師として働いたときに教室長が変わってしまい大変だった。




【大変だったこと】
新しく変わった塾長が、後者に毎日のように寝泊まり。
そのせいか体臭がひどく生徒からもアルバイトの先生からもすごく嫌がられていたが、本人は無自覚。
塾長が去った後、ファブリーズで消臭するのが常だった。
生徒がどうにかしてほしそうな顔で見ていたことを覚えている。
そのうえだらしないから、授業前生徒情報を共有するためのミーティングもなしになった。
そのため手探りで授業を行った。
うまく進行できずストレスはたまる一方。
また、背後に立って先生・生徒の肩に触れたりすることもあった。
今思えばセクハラのようなものだと思う。
そもそも塾事態ブラック企業と言われていたが、社員の管理をできていないので相当ひどい会社だったように思える。

【大変だった期間】
1年間で嫌な塾長は飛ばされた。




【当時の心境】
塾長が嫌すぎたし、生徒も塾長のせいで来ることを嫌がっていたので、板挟みな感じで憂鬱だった。
においもいやだったのでそもそも校舎に行きたくなかった。
生徒の成績を上げることが唯一のやりがいであったため、その点が楽しいといえば楽しかった。

【職場が大変だった原因】
完璧に塾長のせい。
また人事部のせいであるともいえる。
あんな社員がいるなんて、信じられないと思う。
仕事がこなせないのも、本部のせいでは・・・




【仕事で良かったこと】
教え子が受験に合格したときはうれしかった。
この環境下でよくやった!!!!!!!!!!!と思ったし、環境に左右されない強いメンタルの重要性を生徒から学んだ。
また給与が入ると悪環境だったからかうれしかった。




【特にひどかった最悪の出来事】
3点ある。
1点目は私のことではないが、他の先生が生徒情報を把握できなかったせいで、その生徒に対してタブーな言葉を発してしまったことだ。
塾長がその件については対応していたが、それにしてもミーティングがなくなっていなかったらこんなことは起こりえなかった。
2点目はゴキブリが増えたことだ。
関係はないかもしれないが明らかに塾長が交代してから虫騒動が増えた。
おそらく、空になった弁当箱などをゴミ箱に入れるせいで本来なら出てこなかった虫も湧いたのだと思う。
そんなバカな話あるかと感じるかもしれないが至って真面目であるし、真実である。
3点目は塾長が受け持った生徒が塾から退会したがったことだ。
それに関しては、授業も分かりにくいし、生徒管理もできないしで、当然のことかと思うが我々としては、擁護するのが大変だった。




【相談した人・助けてくれた人】
アルバイト講師間での結束は強かった。
そのため講師同士で愚痴を言い合った。
助けるも何も塾長だけが社員で講師は全員バイトなのでどうしようもなかったが、愚痴を共有できるのはすごく気持ち的に楽になった。
言い合えるだけでよかった。

【改善のための行動】
私個人で勤務するのがいい加減きつくなったので、本部に匿名で電話をいれて塾長をどうにかしてもらえるように交渉した。
その結果かはわからないがいなくなってしまった。
はなしによると本部でも私たちの校舎に来る前に問題になっていたらしい。




【現在の状況と心境の変化】
今は職場を変えたし、アルバイト時代と職種は変わっていないものの、上司がいい人なので充実している。
生徒のことだけを考えればよくなったので、勉強や成績に関しての、本来のやりがいを痛感している。
塾講師は、仕事の内容のわりに、保護者や生徒、上司などの板挟みになりやすいので給与は見合わないとずっと思っていたが、今はそれよりも充実感が勝っている。

【学んだこと】
職場での人間関係がなにより大切だと実感した。
給与もやりがいも二の次で、とにかく、人との関係がストレスなく勤務できる条件な気がする。



【当時の自分へのアドバイス】
嫌な仕事は続けないほうがいい。
好きな仕事を見つけるのは難しいが、我慢して嫌な仕事を続けるのはよくない。
まわりを変えることが厳しいなら、環境を変えるのも手である。
つらいことを続けたことで我慢強さは身につくが、ストレスは体を蝕むので、そう考えると得るものがゼロに等しい。
環境を変えるのは怖いことだが案外、適応できるもので時間が解決するから、思い切ろう、とアドバイスしたい。