塾講師歴たった3ヶ月で生徒の成績アップを求められた塾講師の話

塾講師歴たった3ヶ月で生徒の成績アップを求められた塾講師の話

【性別】女性
【年齢】(仕事が大変だった当時)
20歳

【当時の職業】
個別塾講師でバイト

【当時の住まい】
実家で母親と二人暮らし。

【その仕事はまだ続けてる?もう辞めた?】
今は退職し主婦





【就職のきっかけと経緯】
給与面がよく、体力的につらくない仕事を探していたから。
教職員免許を取る予定だったので、授業の練習がしたかったから。

【環境と仕事内容】
プリントや問題集のコピー、算数、国語、英語の授業、保護者からの電話対応、自習の見守り、成績表作成、志望校選びの相談、講師の反省会参加、生徒の見送りが仕事内容。
生徒は50人程度。
勤務時間は夜6時半から11時ころまで。
保護者は学校の授業についていける程度の学力を求めている人、私学の受験を希望している人、差が大きかった。

【大変だった時期】
大学生のとき個別塾講師を。
3ヶ月たったころから大変だった。




【大変だったこと】
一人の先輩講師がやり方を決めていて、やらなければいけない仕事が多かった。
給料は授業に対してしか出ないので、前後の準備や反省会は無給でした。
休みの日も生徒が塾に報告にきたから、と電話があって行かないといけなかったり、本屋に問題集を探しに行ったり拘束されることが多かった。
塾長は経営面だけで生徒の志望校や保護者との面談などは主に自分でしないといけなかったので、大変だった。
同じ大学の講師同士でのやり方や方針があり、派閥まではいかないまでも少しズレがあって、やりづらかった。
生徒のやる気がなくても保護者からの期待は大きいので、成績が少しもあがらないときの面談での受け答えが難しかった。
働ける時間があっても夜しか授業時間がないので収入が少なかった。

【大変だった期間】
1年続いて辞めました。




【当時の心境】
苦手な先輩講師と同じ時間に入る日は行くのがとても苦痛でした。
また、最終時間の授業があると、生徒が帰ってからの反省会に参加するのが強制だったので、なかなか帰ることができず、つらかった。
準備がスムーズにできたときは嬉しかった。

【職場が大変だった原因】
その教室で一番古くから講師をしている先輩講師が、他の講師にも同じ内容を求めてるので雰囲気が悪かった。




【仕事で良かったこと】
生徒のテストの点があがって、生徒自身にやる気が出たとき。
授業態度がよくなって、宿題を真面目に取り組んだり、質問をしてきたりするときは嬉しかったです。
次のテストまでの長期予定表を作成してカリキュラムができたときは達成感がありました。




【特にひどかった最悪の出来事】
メインで受け持っていた中学1年生の女の子がいて、宿題を毎回してこないので毎時間、予定表を作り直すのが続いていました。
すると、その授業中に先輩講師がやってきて、「毎回やってこないのはお前の指導力がないからだ。
もっと楽しくできる宿題を出しなさい。
お前は本当に自分に甘すぎる。
だから生徒も自分に甘くなるんだ」
というようなことを生徒の前で言われました。
そのあと、生徒に改めて授業を再開し、宿題を出しましたが、「先生が怒られてる。
あっちの先生じゃないと成績あがらないんじゃない?」
と言われ、余計に話を聞いてもらえなくなりました。
それから直近の学校でのテストが終わるまではなんとか授業を続けましたが、違う講師に代わってもらい、数ヶ月でその生徒は辞めてしまいました。




【相談した人・助けてくれた人】
同期のアルバイト講師とよく愚痴を言い合っていました。
反省会のときに受け持っている生徒の成績が下がっていたときは同期が次の生徒をすぐに報告して、先輩講師に話させないようにして助けあっていました。
一つ上の先輩には聞き流せばいいよ、と言ってもらえて助かりました。

【改善のための行動】
先輩講師に文句を言われないように一緒の日に入るときは必ず2.3パターンのプリントや宿題を用意しておいて、たくさん準備をしていることをアピールしていました。
また、生徒のテストの点がよくないときは前もってその先輩講師に相談するようにしていました。




【現在の状況と心境の変化】
それから14年経ちました。
その職場では一年働いて、違うアルバイトに転職しました。
次の職場でも厳しい先輩はいましたが、土下座させられたり大勢の人の前で叱責されたりはなかったので、そのまま続けていたら心境は変わっていなかったと思います。
今は主婦ですが、家事と子育てで時間に毎日追われていて大変ですが、とても充実しています。

【学んだこと】
生徒のやる気が出ないことを経験し、こちらのやり方だけではなく、相手の機嫌、その日のモチベーションや科目の中での得意な部分、不得意な部分によって向き合い方が違うということを学びました。



【当時の自分へのアドバイス】
苦手な先輩講師に何を言われるか、どうすれば文句を言われないかばかりを気にしていないでもっと生徒自身のことを考えて授業をするべき。
その苦手な先輩講師は、自分のやり方だけが正しいと思っているから自分のやり方で大丈夫。
周りには他にも頼れる先輩や同期の講師がいるからもっと頼って色んなことを聞いて教えてもらったほうがいい。