【塾講師】激キモ男たちが集う塾!講師も生徒もキモイ!理不尽な嫌がらせやセクハラがまかり通る塾

【塾講師】激キモ男たちが集う塾!講師も生徒もキモイ!理不尽な嫌がらせやセクハラがまかり通る塾

【性別】女性
【年齢】(仕事が大変だった当時)
21歳

【当時の職業】
学生をしていて、塾講師はアルバイトでした

【当時の住まい】
実家の一軒家で親と同居

【その仕事はまだ続けてる?もう辞めた?】
転職して、違う業種で働いている





【就職のきっかけと経緯】
接客や飲食でてきぱき働くのは無理だろうと思い、消去法で塾講師を選びました。
ぱっと見の時給は1200円程ですし、他の接客系などよりは高いと思い選びました。

【環境と仕事内容】
講師1対生徒1、もしくは2の塾でした。
数学は苦手でしたが、数学を教えさせられました。
英語や社会のときもありました。
国語のときもありました。
全国チェーンしていて、CMも流れている塾でした。
規模は普通のマンションの1階を借りており、そこまで広くはありません。
役職は特にありません。
普通のバイトでした。
生徒はまじめな子から不良の子まで色々ですが、大体地域の公立小学校、中学校の子です。
勤務時間は18時〜20時くらいでした。
夏期講習の時は別で、終日勤務のときもありました。

【大変だった時期】
大学生アルバイトとして勤務しており、2年目を過ぎたころ。
一番最初は大丈夫だったが、早い段階で大変になってきた。




【大変だったこと】
たくさんありますが…。
まずは講師陣に気持ち悪い人がいました。
へらへらして冗談を言っているようで、目は笑っていないリーダー格の講師は気持ち悪かったです。
プロジェクターで壁に投影して資料を映す機会がありましたが、「これであなた(私)の部屋を盗撮した映像を流したら…」と言ったときには本当に不快でした。
また、その気持ち悪い講師は、何か裏があるようで、私の教え子があまりにもハイレベルな高校を「どうしても入りたい」として受験希望していましたが、前期で落ちてしまい、ランクを落とし、二次志望の学校にしようとしたときに、後期でもハイレベルな学校をそそのかして進め、結局滑り止めのいまいちな私立に入らざるをえない流れにさせました。
あれは悪意があったと思っています。
その他にも、若い茶髪のチャラい学生講師が、なぜか私の入塾当初からいつもいつもにらみつけて来て、気持ち悪かったです。
陰で「にらみ」と呼んでいました。
口を聞く気にもなれなかったです。
コピー機を使う際にも、開いて印刷をし、光が私の目に入るようにしていました。
なぜ嫌がらせの対象になっていたかわからず、とにかく不快でした。
生徒側も良い子はいましたが、それでも、講師である私を「あの人」と呼んで陰で指さしたりするギャル女生徒や、わからないことがあると頭を常にぼりぼりかいて髪の毛をまき散らし、なんだか臭く(おそらく風呂に入らない)男子生徒もいました。
鼻が詰まる時には、両鼻にティッシュを詰めて授業を受けだし、隣で教ええていた別の女子生徒が怖がり出したこともあります。
新興宗教の家の生徒さんもちょっと緊張しました。

【大変だった期間】
最初からです。
2年半ほど務めましたが、いつもでしたね。




【当時の心境】
苦痛でした。
女子生徒や女性の先生は比較的良い人が多いことや、バイトであろうと1年足らずでやめると就活に響くと思い、だらだらと続けてしまいました。
行くたびに、にらみ講師にはマジでムカついていました。
セクハラ講師にも適当にあいづちを打ちつつ、不快でした。
早く別の塾に切り替えていても良かったと思います。
楽しかったことは、漫画が好きだったので、漫画を描ける生徒や絵の上手い生徒と漫画の話ができたことです。

【職場が大変だった原因】
勉強を教えること自体は苦痛ではないので、とにかく揃った人間の質が悪かったと思います。
変な講師が多い塾には変な生徒も引き付けられるのでしょう。
自分には落ち度は一切ないと思っています。
それか、何も言わなさそうなので、ターゲットにしやすそうだったとか?ですかね?




【仕事で良かったこと】
やりがいがあったことは、絵を描くのが好きな子と絵を描きながら勉強を教えたこと。
結構絵の上手い子が多い塾でした。
あとは、他の女性の先生から「教えているときの声が素敵ですね」とほめられたこと。
良い教え方を紙に書いて、本部に送り、本部の人が良いと思った講師に賞を送るコンテストみたいなのがあり、入賞したこと。




【特にひどかった最悪の出来事】
私が数学を教えていた本当にかわいらしい女の子がいました。
数学を教えてもなかなか出来るようにならないまま高校受験を迎えました。
英語は得意なようで、英語科のあるハイレベルな高校に入りたいとのことでした。
ダメもとで前期を受験したら、落ちてしまいました。
そこで、レベルを落として第二志望にしておけばまだ救いはあったかもしれません。
どうやら私のいないところでセクハラキモ講師が「頑張ろうよ!」「大丈夫だよ!」「こんなことであきらめて後悔しない?」などのように再度その高校の後期に挑戦するようそそのかしたのです。
結局その子は後期もダメでした…。
私に「恩返しできなくてごめんなさい」と女の子から謝られた時には本当にショックでした。
悪いのはセクハラ講師だけだと思います。
今、その子が幸せな人生を歩んでいるか、時々気がかりになります。




【相談した人・助けてくれた人】
家族に愚痴を言っていました。
塾の中では特に相談できる人もいませんでした。
セクハラ被害にあいづらいおばさまが多いことや、きつめのギャル女講師等にはセクハラしづらかったのでしょう。
にらみも、わからないようににらんでいたので、「きっと言っても無駄だな」とあきらめていました。

【改善のための行動】
特にがんばってはいません。
好きな生徒と楽しく話しているときは心休まるひとときでしたので、とにかく授業を頑張るようにしました。
味方というか、私に好意的な先生はいましたが、変なことを相談して、嫌な気持ちにさせたくなかったので、黙っていました。




【現在の状況と心境の変化】
やめてから6〜7年ほど経っていると思います。
今は職場の前も通らないので、どんな塾になったかは分かりません。
講師陣や環境などが一新していると良いのですが、リーダー格のセクハラ野郎がまだ残っていたら絶望的かもしれませんね。
一刻も早く忘れたい嫌な思い出です。
今の仕事にも塾講師時代の経験はそこまで役に立っていないと思います。

【学んだこと】
嫌だったら辞めても良い。
トラブルを起こして、相手の悪事を明るみに出しても良い。
労働相談などに言っても良い。
とにかく、おおごとにしてやれると良いのかも。



【当時の自分へのアドバイス】
嫌だったら早い段階でアルバイトをやめたって問題ないと言いたいです。
塾講師を比較的長く続けたからと言って就活では徳をしなかったですし、別に継続する価値のない塾だったと思います。
にらまれたらやり返し、セクハラは労働相談などをして告発していってよかったんじゃないかなーと思います。
やられたらやり返すのは大事ですよ。