【塾講師】仕事が慣れないうちに、社員から直接教えてもらえる機会がなかったことです。

【塾講師】仕事が慣れないうちに、社員から直接教えてもらえる機会がなかったことです。

【性別】男性
【年齢】(仕事が大変だった当時)
19歳

【当時の職業】
バイト

【当時の住まい】
学生会館で一人暮らししてました。

【その仕事はまだ続けてる?もう辞めた?】
今も同じ職場で働いている





【就職のきっかけと経緯】
私服でも働くことができる塾講師のバイトを探していて、その条件に合うバイトが見つかったので、そこに応募しました。

【環境と仕事内容】
当日生徒の授業がある講師(バイト)のみの環境でした。
社員はほとんど私の勤める教室にはいませんでした。
仕事内容は小学生と中学生に5教科、高校生に数学、英語、理科を教えていました。
1コマ75分で、1コマあたり給料は1250円ほどです。
その他にも、生徒からの評価によって追加の報酬が毎月変動して、評価が高いときは高い報酬を別に貰っていました。

【大変だった時期】
大学生としての個別指導のバイトで、最初に生徒にわかってもらうように教えるのが難しく、大変でした。




【大変だったこと】
家から遠い教室に出勤させられることがありました。
大学や駅から遠い教室は基本人手が足りていないので、シフトを提出したら、時々遠い教室に出勤させられるのがかなり大変でした。
他には、教室には社員がおらず、一人の時もよくあるので仕事が慣れない最初のうちは、直接教えてもらえる人がいなくて、マニュアルを読みながら仕事をするのが大変でした。
また、ほかの社員やバイト仲間との繋がりがないので、シフトに急に入れなくなっても代わりを探すことがなかなかできないです。
そのような職場なのに、シフトの削除をお願いしても、自力で代わりを見つけなければ削除してもらえないのは大変です。
そのため、あまり多くのシフトを入れられず、結果的にあまり多くの仕事ができないです。

【大変だった期間】
今でも続いています




【当時の心境】
最初は慣れないにもかかわらず、直接教えてくれる社員がいないのでかなり不安でした。
ですが、最近は仕事に慣れてきて一人で誰に怒られることもなく、気軽に仕事をできています。
ただ、人との関わりが生徒以外ないので寂しく思います。

【職場が大変だった原因】
はじめの新人のときに、直接教えてもらえないことでした。
マニュアルを読みながらでは疑問が出てきても解決できないことが原因だと思います。




【仕事で良かったこと】
生徒が課題や演習で分からない問題を聞いてくれたときに、自分が分かりやすいように工夫して解説すると、理解してくれることです。
しかもそのような問題がテストに出てきて、先生のおかげで解けた!と言ってくれることにやりがいを感じます。




【特にひどかった最悪の出来事】
塾の開校の際に、鍵の開け方が分からず、解錠作業を自分でなかなかできなかったことです。
授業前に、生徒が塾に来校してきたにもかかわらず、鍵の開け方をマニュアルで見ながらやってもうまくいかず、かなり困りました。
分からなかったので本部に連絡を入れても返事がなく、塾の開校時間に間に合わなかったです。
そうにもかかわらず、塾側から時間内に開校できていなかったことを注意されたのは本当に理不尽に感じました。
こちらから連絡を入れたのに、なかなか対応しないのは問題だと思いましたし、そもそも万人に理解できないようなマニュアルを作るなとも思いました。
せめてマニュアルで仕事させるのであれば、正しい内容で誰が見ても分かるようにしてほしかったです。




【相談した人・助けてくれた人】
基本マニュアルを見ながら仕事を覚えることが多かったので、あまり相談する機会はありませんでした。
マニュアルを見ても分からなかったり、不測の事態が起きたときなどは本部の社員に連絡を取って、何をすれば良いかを相談することはたまにありました。

【改善のための行動】
とりあえずマニュアルなしでも仕事ができるように覚えたことです。
マニュアルを使わずに仕事ができるとかなり楽で、しかも社員もいないので気楽に今は仕事をすることができるようになりました。
仕事を覚えることがかなり重要なポイントでした。




【現在の状況と心境の変化】
新人のころは、仕事を直接教えてくれないとは、なんてひどい塾だと思っていました。
しかし、仕事内容もマニュアルなしでできるようになり、スムーズに仕事ができるようになると、逆に職場で一人のほうが社員や上司から怒られることもなく、自分のペースで仕事ができるので、かなり気楽に働くことができています。
ストレスも感じることなく仕事をできています。

【学んだこと】
仕事を覚えることがとても大切だと思いました。
分からないときは自分でマニュアルを一生懸命読まなければならなかったですが、仕事を覚えるとスムーズにできるようになりました。



【当時の自分へのアドバイス】
まずは仕事をいち早く覚えることがとても大切だと思います。
その中でわからない部分も出てくることはたくさんありますが、黙っていても誰も助けてくれないということを把握するのもとても大切です。
マニュアルを読んでも分からないときは、すぐに社員、本部にどうすればいいかを積極的に聞いてみるべきです。
一度分かれば、その後は本当にスムーズにできるようになるので、分からない部分を聞きつつ、仕事を覚えましょう。